NOMA各種業務支援の特徴

NOMA各種業務支援の特徴

本会は、行政経営の全体を経営管理の観点から多角的に把握し、
今後取り組むべき効果的方策等について提案することにより、
地方公共団体の改善・改革、体質強化を支援します。

特徴

帰納的分析・改善と演繹的分析・改善
帰納的分析・改善と演繹的分析・改善

三現(現場・現物・現実)主義に基づいて行う帰納的分析と、目的指向による政策をベースとして行う演繹的分析により有効性の高い改善策(ソリューション)を提供します。

データに基づく客観的分析・改善
データに基づく客観的分析・改善

テーマ内容別の客観的な分析を踏まえて改善策を提示します。
数値データの分析では回帰分析他等の統計的手法も活用して客観性のある分析・検証を行います。

現実的かつ具体的な課題解決
現実的かつ具体的な課題解決

職員に対する聞き取り調査やアンケート調査による問題発見、課題解決のプロセスを採用することにより、現実的かつ具体的な問題解決を行います。
なお、このプロセスによる問題発見と課題解決は職員人材育成の絶好の機会ともなります。

フォローアップ体制
フォローアップ体制

診断提示内容に応じた改善機運の醸成や人材育成のための研修等によるフォロー体制があります(フォロー内容によっては、別途費用が生じます)。

斯界随一の実績
斯界随一の実績

過去50年以上にわたって延べ900団体に及ぶ実績、そこでの蓄積・ノウハウを用いて効果的な改善策(ソリューション)を提供します。

団体としてのビジョン

団体としてのビジョン

わが国経済の成長率の長期低迷が避けられないとされる中、少子化・高齢化等に代表される社会構成の変化、成熟化の進行が確実です。
このため、厳しい国家財政状況が続くことが予想されることから、地方自治体においても財政面のゆとりがない状態が恒久的に続くことが見込まれています。

いま、多くの地方自治体において、住民ニーズの高度化に対処するための効果的政策展開ができない、市町村合併したものの当初見込んだほどの合併効果が生まれていない、合併したことと行政サービスの水準向上がリンクしない、等々、多くの問題を抱えるにいたっています。

これら山積する諸問題に対して、住民のため、地域のため、将来の行政経営のため、本会は50年以上の経験、蓄積、そして診断過程で得たノウハウを活用して、効果的なソリューションを提供します。